• 今のあなたに、プラスワンの前進を

  • 今のあなたに、プラスワンの前進を

✿ フラワーレメディーのこと ✿

Bach
” We can judge our health by our happiness ”
健康は、自分の魂との調和がはかれるかどうかにかかっています。

~ エドワード・バッチ ~

1936年、イギリスでバッチフラワーは生まれました。
考案したのは医師であり、細菌学者、病理学者でもあるエドワード・バッチ博士。

野生の植物に心や感情を癒す不思議な力があることに注目、38種類からなるバッチフラワーを完成させます。

バッチ博士の哲学は、生来人間が持っている霊的な性質と、人間としての完成に基づいたシンプルでかつ奥深いものです。
心は人間にとって、身体よりももっと敏感な部分なので、「気持ち」にもっと目を向けることの必要性を説いています。

フラワーレメディーとは

Image 01

お花のパワーを凝縮した”飲む”エッセンスのこと。

お花が持つエネルギーを利用して、メンタルケアを行う植物療法の一つです。
私たち人間も、「気」や「エネルギー」「波動」というものを持っていますよね。
お花のエネルギーはとても安定していて、人間の波のある感情を整えてくれるんです。

花が持っているバイブレーション(波動)が、怒り、恐れ、不安、嫉妬、寂しさ、悲しみ、自信喪失、気力の低下など、マイナスの感情をプラス方向へと導き、メンタルバランスをとってくれます。

一時的に起こる感情面から、その人のもともと持っている気質や性格にまでも作用し、心の不調和を調整できるようになります。
このエッセンスはメンタルに働きかけるもので、ヨーロッパやアメリカでは、日常生活で取り入れられ、クリニックでも処方されていて、世界では60カ国以上で親しまれているんですよ。

Image 02

先進国の中では、日本だけ認知度が低く、アロマと勘違いされることも。
しかし、今一番日本人に必要なのではないかと言われています。

オーストラリアの先住民族のアボリジニは、古くから朝露のついた花を食べていたと言われていて、日本でも朝露を飲む習慣があった地域もあるんです。
この朝露を人工的に作る方法は、朝一番でお花を摘み、ミネラルウォーターにお花を浮かべ、太陽の光によって花のエネルギーを水に転写するというもの。

水蒸気蒸留法や圧搾法など、植物成分を抽出するには様々な方法がありますが、これはなんだか不思議な方法ですよね。
太陽の光と水が、花の持つ本質的なエネルギーのバイブレーション(波動)を私たちに運ぶことを助けているのです。

このような方法で作られるフラワーレメディー。
お年寄りはもちろん、赤ちゃんでも、ペットでも、植物そのものにも与えることができ、非常に安全性の高いものとなっています。
副作用は一切ありません。

フラワーエッセンスの母液とは

フラワーエッセンスの作用に有効な成分の核となるものは、植物のエネルギーから作られた母液です。
この母液は、野生の花や植物を水に入れ太陽の光に当てること(太陽法)、あるいは煮沸すること(煮沸法)によって作られます。

太陽法

太陽法

その花が最も美しく咲いているよく晴れた日を選び、ガラスのボールに清流から汲んできた水かミネラルウォーターを入れ、太陽光に当てて、花が持っているエネルギー(波動)を転写します

煮沸法

太陽が弱い時期に開花するお花に使われる方法。 
鍋に花や葉がついた小枝をいれ、全体が浸るくらいまでにミネラルウォーターを入れて煮出します。

この母液は、今も1936年当時と同じ植物を使い、同じ製法で作られています。
フラワーレメディーは、この母液に保存料としてグリセリンを少量加えたものです。
「薬ではなく、副作用がない」のは、フラワーレメディーのこうした作られ方によるものです。

フラワーエッセンスとフラワーレメディーの違いは

レメディーとは、「療法」という意味です。

花による療法ということで、バッチ博士はこの療法そのものをフラワーレメディーと名づけました。
この療法に使われる植物の波動水をフラワーエッセンスと呼んだり、フラワーレメディーと呼んだりしている違いですので、基本的には同じものです。

バッチ博士が開発したものをわたしは使用しますので、フラワーレメディーと表記させていただきますね。

写真に掲載しているエッセンスは、バッチ博士のサインと花のロゴがついていて、純正バッチフラワーレメディーとして品質が保証されています。

フラワーレメディー 7つのカテゴリー 38種類

38種類をバッチ博士は7つのカテゴリーにわけました

  • 恐れと不安
  • 心の不確かさと不安定
  • 現実に無関心
  • 寂しさと孤独
  • 人や周囲に敏感すぎる
  • 失意と絶望
  • 他人のことに関心を持ちすぎる

カテゴリーは7つですが、その中に色々なタイプのレメディーにわかれます。
たとえば、「恐れと不安」のカテゴリー。

不安な気持ちにも、理由がはっきりしているもの(何か仕事での失敗や挫折など)と、理由がはっきりしていないもの(漠然とした不安)がありますね。
なんとなく不安な気持ちがついてまわる場合にはアスペンを。
逆に、具体的に病気や対人、事故、痛み、仕事など不安への対象がはっきりしている場合にはミムラスを。
そして、一時的に急に起きた不安や緊急のパニック状態にはロックローズを。

このように、同じカテゴリーの中でもそれぞれに効果の違いがあります。
38種類の中から、今のあなただけに必要なフラワーレメディをお選びします。

フラワーレメディーリーディングのページをあわせてご覧くださいね。

どんな時に使えばいいの?

どんな時に使えばいいの?
  • ☆彡 思いグセや不要な習慣、価値観を手放したいとき
  • ☆彡 ショックな出来事や不安なことがあったとき
  • ☆彡 ストレスで気持ちが沈みがちなとき
  • ☆彡 心の傷を癒したいとき
  • ☆彡 疲労感を感じているとき

必要なレメディが1種類とは限らず、逆に数種類になることがほとんどです。
一度に必要なレメディーが摂れるように、遮光スポイト瓶にボトリングしてお届けします。

どうぞ、お気軽にご質問、お問い合わせくださいね(*´∀`*)

✿ フラワーレメディーのこと ✿

Bach
” We can judge our health by our happiness ”
健康は、自分の魂との調和がはかれるかどうかにかかっています。

~ エドワード・バッチ ~

1936年、イギリスでバッチフラワーは生まれました。
考案したのは医師であり、細菌学者、病理学者でもあるエドワード・バッチ博士。

野生の植物に心や感情を癒す不思議な力があることに注目、38種類からなるバッチフラワーを完成させます。

バッチ博士の哲学は、生来人間が持っている霊的な性質と、人間としての完成に基づいたシンプルでかつ奥深いものです。
心は人間にとって、身体よりももっと敏感な部分なので、「気持ち」にもっと目を向けることの必要性を説いています。

フラワーレメディーとは

Image 01

お花のパワーを凝縮した”飲む”エッセンスのこと。

お花が持つエネルギーを利用して、メンタルケアを行う植物療法の一つです。
私たち人間も、「気」や「エネルギー」「波動」というものを持っていますよね。
お花のエネルギーはとても安定していて、人間の波のある感情を整えてくれるんです。

花が持っているバイブレーション(波動)が、怒り、恐れ、不安、嫉妬、寂しさ、悲しみ、自信喪失、気力の低下など、マイナスの感情をプラス方向へと導き、メンタルバランスをとってくれます。

一時的に起こる感情面から、その人のもともと持っている気質や性格にまでも作用し、心の不調和を調整できるようになります。
このエッセンスはメンタルに働きかけるもので、ヨーロッパやアメリカでは、日常生活で取り入れられ、クリニックでも処方されていて、世界では60カ国以上で親しまれているんですよ。

Image 02

先進国の中では、日本だけ認知度が低く、アロマと勘違いされることも。
しかし、今一番日本人に必要なのではないかと言われています。

オーストラリアの先住民族のアボリジニは、古くから朝露のついた花を食べていたと言われていて、日本でも朝露を飲む習慣があった地域もあるんです。
この朝露を人工的に作る方法は、朝一番でお花を摘み、ミネラルウォーターにお花を浮かべ、太陽の光によって花のエネルギーを水に転写するというもの。

水蒸気蒸留法や圧搾法など、植物成分を抽出するには様々な方法がありますが、これはなんだか不思議な方法ですよね。
太陽の光と水が、花の持つ本質的なエネルギーのバイブレーション(波動)を私たちに運ぶことを助けているのです。

このような方法で作られるフラワーレメディー。
お年寄りはもちろん、赤ちゃんでも、ペットでも、植物そのものにも与えることができ、非常に安全性の高いものとなっています。
副作用は一切ありません。

フラワーエッセンスの母液とは

フラワーエッセンスの作用に有効な成分の核となるものは、植物のエネルギーから作られた母液です。
この母液は、野生の花や植物を水に入れ太陽の光に当てること(太陽法)、あるいは煮沸すること(煮沸法)によって作られます。

太陽法

太陽法

その花が最も美しく咲いているよく晴れた日を選び、ガラスのボールに清流から汲んできた水かミネラルウォーターを入れ、太陽光に当てて、花が持っているエネルギー(波動)を転写します

煮沸法

太陽が弱い時期に開花するお花に使われる方法。 
鍋に花や葉がついた小枝をいれ、全体が浸るくらいまでにミネラルウォーターを入れて煮出します。

この母液は、今も1936年当時と同じ植物を使い、同じ製法で作られています。
フラワーレメディーは、この母液に保存料としてグリセリンを少量加えたものです。
「薬ではなく、副作用がない」のは、フラワーレメディーのこうした作られ方によるものです。

フラワーエッセンスとフラワーレメディーの違いは

レメディーとは、「療法」という意味です。

花による療法ということで、バッチ博士はこの療法そのものをフラワーレメディーと名づけました。
この療法に使われる植物の波動水をフラワーエッセンスと呼んだり、フラワーレメディーと呼んだりしている違いですので、基本的には同じものです。

バッチ博士が開発したものをわたしは使用しますので、フラワーレメディーと表記させていただきますね。

写真に掲載しているエッセンスは、バッチ博士のサインと花のロゴがついていて、純正バッチフラワーレメディーとして品質が保証されています。

フラワーレメディー 7つのカテゴリー 38種類

38種類をバッチ博士は7つのカテゴリーにわけました

  • 恐れと不安
  • 心の不確かさと不安定
  • 現実に無関心
  • 寂しさと孤独
  • 人や周囲に敏感すぎる
  • 失意と絶望
  • 他人のことに関心を持ちすぎる

カテゴリーは7つですが、その中に色々なタイプのレメディーにわかれます。
たとえば、「恐れと不安」のカテゴリー。

不安な気持ちにも、理由がはっきりしているもの(何か仕事での失敗や挫折など)と、理由がはっきりしていないもの(漠然とした不安)がありますね。
なんとなく不安な気持ちがついてまわる場合にはアスペンを。
逆に、具体的に病気や対人、事故、痛み、仕事など不安への対象がはっきりしている場合にはミムラスを。
そして、一時的に急に起きた不安や緊急のパニック状態にはロックローズを。

このように、同じカテゴリーの中でもそれぞれに効果の違いがあります。
38種類の中から、今のあなただけに必要なフラワーレメディをお選びします。

フラワーレメディーリーディングのページをあわせてご覧くださいね。

どんな時に使えばいいの?

どんな時に使えばいいの?
  • ☆彡 思いグセや不要な習慣、価値観を手放したいとき
  • ☆彡 ショックな出来事や不安なことがあったとき
  • ☆彡 ストレスで気持ちが沈みがちなとき
  • ☆彡 心の傷を癒したいとき
  • ☆彡 疲労感を感じているとき

必要なレメディが1種類とは限らず、逆に数種類になることがほとんどです。
一度に必要なレメディーが摂れるように、遮光スポイト瓶にボトリングしてお届けします。

どうぞ、お気軽にご質問、お問い合わせくださいね(*´∀`*)

フラワーレメディ